研修プログラム-Traning Program-

  1. 採用情報Top
  2. 研修プログラム

後期研修プログラム(PDFダウンロード)

皮膚科後期研修医を対象とした具体的な教育活動

広島大学病院皮膚科後期研修プログラム

※広島大学病院卒後臨床研修ガイドブックより抜粋

  1. I. 研修達成目標

    1. 一般目標
      1. 皮膚科一般

        一般的な皮膚疾患の診断、治療についての基礎的な知識をつける

      2. 救急医療

        皮膚外傷、熱傷、皮膚感染症、急性蕁麻疹などに対応できる基本的診断能力を修得する

      3. 処置手技

        皮膚科処置一般、外来小手術などの基本的な知識と手技を修得する

      4. 医療記録

        皮膚疾患の所見、検査、治療計画を理解し、正確に記載できる能力を修得する

    2. 行動目標
      皮膚科一般
      1. 1.1 患者と的確なコミュニケーションがとれる
      2. 1.2 医療スタッフと良好な人間関係を築きチーム医療を行う
      3. 1.3 基本的な皮膚疾患の診断、治療を理解する
      救急医療
      1. 2.1 皮膚科救急疾患に対して適切な対応、処置ができる
      処置手技
      1. 3.1 皮膚科的な検査を正確に施行し判定する
      2. 3.2 一般的な皮膚科処置が適切に行える
      3. 3.3 簡単な手術が行える
      医療記録
      1. 4.1 皮膚疾患について正確に病歴(主訴、現病歴、既往歴)が記載できる
      2. 4.2 皮膚疾患の一般的な皮膚所見が記載できる
      3. 4.3 正確、適切なカルテ記載ができる
  2. II. 研修方法

    1. オリエンテーション

      皮膚科臨床研修マニュアルを手渡し、研修開始当日に外来、病棟業務の大まかなオリエンテーションを行い、詳細については個別に対応する。

    2. 病棟研修(指導体制、診療業務)

      各患者は1名ずつ主任主治医(責任医師)が担当しており、受け持ち患者の診療に関しては主任主治医が指導を行い、病棟医長が監督を行う。

      • 病歴の聴取、身体所見、皮膚所見を把握し正確に記載する。
      • 患者ごとの問題点を明らかにし、その後の検査計画、治療計画を立てる。
      • 臨床検査の実施
      • 外用処置、手術後の処置の実施
      • 指導医の監視下に化学療法の実施
      • 手術の補佐
    3. 外来研修
      • 新患患者の病歴を聴取、カルテに記載する
      • 診察医の診察を見学し、各皮膚疾患の診断、治療を修得する
      • 診察医の診療の補助
      • 一般的な皮膚科処置
      • 光線療法の実施
      • 電気焼灼、冷凍凝固の実施
      • 皮膚生検の実施
      • 簡単な小手術の実施
    4. 検査・手術
      • 皮膚テスト
      • 皮膚生検
      • 光線過敏性試験
      • 糸状菌直接鏡検
      • 小縫合
      • 簡単な小手術
    5. 講義・カンファレンス
      • 臨床カンファレンス
      • 病理カンファレンス
      • 抄読会
      • 皮膚科セミナー
    6. その他
      • 広島市皮膚科医会
      • 各種講演会など