研究者・学生の方へ

アトピー性皮膚炎由来黄色ブドウ球菌と皮膚免疫の解析および制御物資の開発

研究について

アトピー性皮膚炎(AD)は、長期にわたり皮膚炎を繰り返す慢性疾患であり、根本的な治癒を目指す治療法の開発が求められています。

近年、皮膚表面の細菌叢が注目されており、皮膚の免疫反応に重要な役割を果たすことが分かってきました。我々の研究グループでは、ADと細菌叢をターゲットとして研究を行なってきました1)。以前より、AD患者では、皮膚から黄色ブドウ球菌(S. aureus)が高率に検出されることが知られていましたが、なぜS. aureusがAD皮膚に定着し、なぜ皮膚炎が持続するのかについては解明されていませんでした。この点に病態解明の糸口があると考え、我々はAD患者皮膚より単離したS. aureus(AD株)にフォーカスして研究を進めています。

これまでの研究結果で、S. aureus(AD株)が標準株のS. aureusとは異なり、ADに特徴的な反応であるTh2型の皮膚獲得免疫を誘導し2)、さらには皮膚の細胞(ケラチノサイト)に取り込まれること3)を報告してきました4)。これらの結果に基づいて、本プロジェクトでは、AD株に特異的なS. aureusの性質にフォーカスして研究を進めています。プロジェクトの1例をあげると、東京大学と共同研究で、S. aureus排除を目的とした化合物スクリーニングを行っています。従来のステロイド外用剤による治療とは異なる、皮膚表面におけるS. aureus(AD株)の定着コントロールを介したアトピー性皮膚炎の治療へと繋がるよう研究を進めております。

参考文献

1) Iwamoto K, Stroisch T, et al. (2018) Langerhans and inflammatory dendritic epidermal cells in atopic dermatitis are tolerized towards TLR2 activation. Allergy, 73: 2205-2213.

2) Iwamoto K, Moriwaki M, et al. (2017) Staphylococcus S. aureus from atopic dermatitis skin alters cytokine production triggered by monocyte-derived Langerhans cell. J Dermatol Sci, 88: 271-279.

3) Moriwaki M, Iwamoto K, et al. (2019) Staphylococcus aureus from atopic dermatitis skin accumulates in the lysosomes of keratinocytes with induction of IL‐1α secretion via TLR9. Allergy, 74: 560-571.

4) Iwamoto K, Moriwaki M, Miyake R, Hide M. (2019) Staphylococcus aureus in atopic dermatitis: Strain-specific cell wall proteins and skin immunity. Allergol Int. in press.