研究者・学生の方へ

ケラチノサイト由来神経ペプチドによる皮膚2型炎症反応制御機構の解明

研究について

神経ペプチドの一種であるニューロメジンU (NMU) は、食欲低下、血圧上昇などの幅広い生理活性を持っています。私たちはこれまでに、NMUがヒト皮膚ケラチノサイトに貯蔵され、自然免疫受容体や物理化学受容体を介して速やかに放出されること、さらに、NMUが皮膚マスト細胞を活性化し、ヒスタミン等の炎症惹起物質を放出することを発見しました。一方、消化管や肺組織においては、末梢神経末端から分泌されるNMUがアレルギーの発症に深く関与する2型自然リンパ球(ILC2)を活性化することが報告されています。また、ILC2はアトピー性皮膚炎等の皮膚アレルギー疾患に関与していることも明らかになりつつあります。

そこで、私たちは皮膚のケラチノサイト由来のNMUに注目し、皮膚におけるNMUの局在と放出機構の解明、さらに、皮内に放出されたNMUが皮膚マスト細胞やILC2を介して、皮膚アレルギー疾患の主因となる2型炎症反応を誘導する仕組みの解明に取り組んでいます。