研究者・学生の方へ

蕁麻疹・アトピー性皮膚炎の疫学および病態形成機序の研究

研究について

私たちの教室では、ながらくアレルギー、マスト細胞を中心とした研究を行ってきていますが、近年は特に、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹をはじめとするアレルギー疾患の発症・悪化を予防する技術の開発を目指した研究を行っています。

アトピー性皮膚炎は発汗により増悪することが知られていますが、私たちは汗中の抗原に対する特異的IgEが、アトピー性皮膚炎患者に選択的に存在することを見いだしました。現在この抗原の解析・同定を行うとともに、その抗原を選択的に吸着することによりアトピー性皮膚炎の悪化を予防するための技術を開発しています。また、汗アレルギーは他の環境抗原などと異なりアトピー性皮膚炎患者に選択的であることから、アトピー性皮膚炎の診断に有用な検査法の開発を行っています。さらに、蕁麻疹の中でも一部のコリン性蕁麻疹にはアトピー性皮膚炎と同様の汗アレルギーが存在することを明らかにしており、その発症メカニズムについても解明を進めています。

また、アトピー性皮膚炎様症状を自然発症するNC/Ngaマウスに、微粉砕加工したコンニャクグルコマンナンをあらかじめ投与しておくとその発症が予防されます。私たちは、グルコマンナン、フコイダンなど食物多糖類のアレルギー発症予防機序に関する基礎的検討および動物実験を通して、アトピー素因があっても、あるいはアレルゲンに曝露されていても、アレルギー疾患の発症を予防できる技術の開発を目指しています。

そのほか、これらアレルギーに関する研究の技術を基に、神経ペプチドやサイトカインに着目した創傷治癒、皮膚再生医療に関する研究、および表面プラズモン共鳴(surface plasmon resonance; SPR)という物理現象を利用した新しい細胞機能センサーの開発も行っています。

診断困難な症例に対しても、その病態解析能力により、治療の方途を得ることができるようになります。