研究者・学生の方へ

創傷治癒・皮膚再生医療に関する研究

 広範囲のやけどなどでは自家皮膚の移植を行います。皮膚移植の際は、皮膚をそのままシート状に移植する方法のほか、少ない自家皮膚で広い範囲を覆うために皮膚をメッシュ状に加工して広げて移植する方法、皮膚をパッチ状に小さく切って移植する方法があります。自家皮膚の生着率を向上させること、より早い皮膚の再生を得ることが、より低侵襲で効率のよい治療に結びつきます。

 現在、皮膚組織を細かく粉砕することで得られる微細組織懸濁液とメッシュ状にした自家皮膚との併用が皮膚の再生にどう影響するかを検討しています。

 また、移植した皮膚は縮んできますが、どのくらいの期間をかけて、どの程度収縮するかはわかっていません。皮膚の収縮は特に頚部や関節部で引きつれを引き起こすことからその収縮がどのくらいの期間でどの程度収縮するのかのデータがあれば術後のリハビリ、引きつれの解除手術の必要性など予測が立てやすくなり、有意義な医療を提供できます。